2010年08月30日

【横内忠之】輪 − 自己チャレンジから感動の輪へ

日本海に手をつけて生まれた水面にできた小さな輪。

競い合うレースの形態をとりながら、その実本質は自己チャレンジであることを心底実感する。小さな輪は、その自己チャレンジの始まりを告げ、苦難の道程とともに拡がりをみせる。

選手諸士それぞれが作り出した輪はお互いに影響し合い、高揚感とともにしっかりと輪の輪郭を作り出し力強さを増す。

応援メールは萎えそうになる輪に活力を与えた。道々いただく応援もそれに弾力を与え、輪は大きさを増していった。

いつしか自己チャレンジで始まった小さな輪は、もはや一人のものではなくなった。

皆の思いがそこにのっていた。

太平洋に届いたその輪は大きな、本当に大きな感動の輪になっていた。

ありがとう。本当にありがとう。



追伸:2週間が経とうとしていますが、腸脛靭帯の痛みもまだひかず、ヒビの入った肋骨もまだまだ痛く、TJARの余韻はしばらく楽しめそうです。トホホ。

posted by TJAR2010 at 10:07| Comment(0) | 横内忠之  木村正文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

TJAR 2010 結果速報

トランス・ジャパン・アルプスレースは、2000に産声をあげてから2年毎に開催され、今年は、第5回 10年目となる、プレミアムな大会だ。

今回、厳しい選考会をクリアした精鋭23名(男子:20名、女子:3名)の選手が参加した。

大会前半は比較的天候が安定していたが、後半は発達した台風4号が日本海〜東北を通り抜けた影響で、山は大荒れの天候となった。

気象予報士:上田氏の気象解析によると、8/12の南ア/塩見岳〔3,052m〕山頂付近は、気温10.0℃前後、風速10.2〜18.9m/sの暴風雨となっていた模様である。この環境においては、体感温度は0.2〜-8.9℃にもなるため、低体温症の危険にさらされる。

このような悪条件の中で、しっかり状況を見極め、きっちり行動した選手たちに称賛を送りたい。

今回初参加した望月選手は、先回田中正人選手が出した5日10時間32分をさらに更新し、5日5時間22分で総合優勝(男子優勝)を成し遂げた。

望月選手を交えて何度もトップ争いを演じた紺野、駒井両選手は、最終的に2位・紺野選手、3位・駒井選手でゴールした。

彼らに続いて1週間以内にゴールしたのは、間瀬選手(女子優勝)、船橋選手、飯島選手、泉選手の4名。
制限日である8日間以内にゴールしたのは、宮下選手、井上選手、奥野選手、星野選手、大西選手、志村選手、木村選手、横内選手の8名。

残念ながら途中リタイア等をしたのは、森本選手、四俣選手、宮崎選手、平井選手、石田選手、田中選手、鈴木選手、湯川選手の8名だった。


■開催期間:2010/8/8〜8/15(予備日1日含む)

■コースデータ
・一般道:208.8q+登山道:217.9q=総距離:426.7q
・登山道・総コースタイム:128時間5分

 *参考資料:・2010山の便利帳(山と渓谷社) '10.1
          ・Map Fan '10.7検索

TJAR 2010 公式結果.xls

IMG_6876.JPG
posted by TJAR2010 at 10:05| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

【奥野博士】ありがとうございました

TJARから一週間以上も経ち、参加選手の皆さんは、もう順調に回復している方がほとんどかと思います。

自分は疲労からか、体調を崩し、今だにダメージが抜けていません・・・



いかにこのTJARが過酷で肉体の限界に迫るものであったか、痛感しております。



それでも、何とか無事、完走できたのは、自分の力以上に、応援してくれた、たくさんの方たちのおかげだと思います。

本当に多くの方たちに感謝したいと心から思うレースでした。

それほどレース中に心が折れそうになったとき、助けられることが多いレースでした。



そして、快く、自分が留守のお店を守り、レース中、支えてくれた妻に感謝したい。



そして、実行委員の皆様、スタッフの皆様には、本当にありがとうございましたとお礼が言いたいです。



自己責任と言われるレースでの自己判断は迷うこともありました。

ただその中でも考え、安全最優先で行けたので、無事全員何事もなく良かったと思います。



2年後の参加は今はないと思っています。

しかしながら、あの濃密な8日間をもう一度味わいたいと思う日がくるかもしれません。



誰にでもおすすめできるレースではありません。

しかしこれほどまでに、苦しくも楽しい??レースは今まで経験したことはありませんでした。

夢を求める価値はあるレースだと思います。



今はすでに遠い思い出のようですが、最高の思い出になりそうです。

本当にありがとうございました。

tjar7_1.jpg

tjar7_5.jpg
posted by TJAR2010 at 14:16| Comment(0) | 奥野博士  四俣徹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

【木村正文】ありがとうございました

TJARから一週間になります。
昨日近くの山へ散策に行ってたのですがダメージは順調に回復しているようでした。
TJARでは、登山者、各山小屋の方、友人知人、スタッフの方の応援を受け、一緒に走って(歩いて?)いる仲間と激励しあいながら、なんとかゴールへとたどり着くことが出来ました。
トレイルランニング、ウルトラマラソン、ジャーニーラン、カモシカ山行、縦走登山、夜間登山など…これらを一度にノンストップでやってしまうTJAR。
他のレースや山行では得難い経験ができ、参加できる機会に恵まれたことをありがたく思っています。
応援ほんとうにありがとうございました。
posted by TJAR2010 at 09:23| Comment(0) | 横内忠之  木村正文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

【宮崎崇徳】本当にどうもありがとうございました

1週間経ちましたが、ブログ上でメールであるいは沿道で多くの方に応援いただいたことに今も感謝の気持ちでいっぱいです♪
勿論いつも週末は家にいないワガママを許してくれるすうちゃん&まぁちゃんにもね・・・いつもすんません・・・

今は悔しい気持ちと共に、この悔しさをバネに次の自分はどれだけ成長できるんだろう?とワクワクする気持ちが日々大きくなっています!

今回の作戦は、のんびりペースでレースを目一杯楽しみつつ足裏のトラブルを最小限に食い止め、畑薙からの最後のロードで最後尾からごぼう抜き!!を密かに目論んでましたが・・・予想以上の悪天候に足裏のケアが間に合わず関門時間も徐々に厳しくなり、作戦が裏目に出た形で見事に失敗・・・(涙)

前回大会で感じた事が自分を含めてほとんどの選手のスピードダウンの原因が足裏のトラブルだっため、『足裏のトラブルを最小限に食い止めること』が完走の一番の近道であり、結果的に山やロードのスピードを落とさず行動できると感じたので、今回は足裏のケアを重点的に考えて極度に無理をしない行程を考えましたが、結果的にはリタイア・・・前回のような時には形振り構わずがむしゃらに突き進む勇気も大切だと改めて気づかされました!!
バランスが難しい・・・

このリタイアは必ず2年後に繋がる大きな財産だと思うし、2年後に向けて自分が燃えているのを感じます!
2年後が待ちきれない!!
これからも自分流のスタイルは崩さず、TJARは勿論、海に山にいろんな楽しいことに「あいつはバカだ!」と言われるくらいトコトンチャレンジしていきたいと思います!
本当にどうもありがとうございました♪

IMG_8461.JPG
posted by TJAR2010 at 09:54| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

【宮下晋】みんなの夢をのせて走るレース

3月に足首を骨折し、走りだしたのは5月から。準備不足で臨んだ今回でした。早々と脚の筋肉は終わり、不注意から沢渡で足裏の皮を大きく剥いてしまい苦渋の前進。。。そして中ア南アでは雷や台風など自然の大きさ、恐ろしさを痛感しました。身体を襲う痛みも加わって、何度となく心は折れました。レースなんてやめてしまおうと何度考えたことでしょう。自分はなんて弱い人間なんだと思い知りました。
そんな時に力となったのは、皆さんからの応援でした。いや、単なる応援にとどまらない、僕に託された夢でした。
「頑張れよ!本当はおれもやりたいんだけどな」「憧れのコースです、頑張ってください」
何度そのような応援をすれ違うハイカーの方々からいただいたでしょうか。日本海から太平洋までの縦走は、みんなの夢なのだと思いました。
行き交う車、山小屋の方々、ブログの応援コメントからも本当に温かい応援をいただきました。その度に体は奮い立ち、力強く前に進むことができました。
弱くてちっぽけな自分の心。その弱い心にみなさんの応援が、夢が、一つ一つ合わさることで強い心となり、僕の身体を日本海から太平洋まで運んでくれたのだと思います。
自分自身の夢だけではなく、みんなの夢と共に過ごせた本当に幸せな1週間でした。

様々な形で道中応援をいただいた皆様、大会スタッフの皆様、一緒に走っていただいた選手の皆様、そして家族。
本当に、本当にありがとうございました。
posted by TJAR2010 at 09:15| Comment(2) | 宮崎崇徳  宮下晋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

【飯島浩】どうもありがとうございました

コメントによる応援メッセージを頂いた皆様、どうもありがとうございました。今回はほぼ予定に進み良いイメージで終える事ができました。そんな中でもやっぱり辛い時は沢山あります。
一人孤独に山を登っている時、携帯に届くメッセージ。山の上と下。そして遠くの街。
離れていても見守ってくれている。たった今、私の事を考えてくれている。
一人じゃない。
こんなシュチュエーションがどれだけ辛い時の心を支えてくれたか。リアルタイムな応援は現代ならでは。

選手の皆様
沿道の皆様
飛び入りサポートの皆様
そしてWEB上の皆様どうもありがとうございました。
多くの人に支えられて今大会が成り立ちました。

関わってくれた全ての皆様に感謝!
posted by TJAR2010 at 13:29| Comment(0) | 飯島浩  平井小夜子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

大浜公園堤防にて忘れ物

ゴールの大浜公園堤防に腕時計SUUNTO t6cの忘れ物がありました。選手もしくは応援団の方のだと思います。
心当たりのある方は、mikio.iwase@nifty.comまで連絡ください。

時計 忘れ物.bmp
posted by TJAR2010 at 09:57| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【森本泰介】御礼

このたびはTJAR2010に参加させていただき有難うございました。

2004年の田中正人さんのゴールを目の当たりにして以来のTJARですが、当時は全くの別世界の出来事の様に感じていたはずが、気がつけば同じ世界に入っていて不思議な感覚でした。

書類選考から始まり、選考会と徐々に大会が近づくにつれて不安ばかりが大きくなっていきましたが、ふとスタートラインに着いた時には不思議と不安が消えていたのが印象的です。

序盤はほぼ最後尾でしたがマイペースを維持しつつも徐々に計画より遅れていく自分のペース。睡眠時間を削りながらペースを維持して完走ペースで進めることが出来ていたと思います。

IMGP0173.jpg

しかし、足のマメの対策が今思えば稚拙だったため、徐々に苦しい展開になって市ノ瀬では靴がまともに履けなくなってしまっていました。後半用に1サイズ大きな靴を用意していましたが、今思えば最初からこの靴を履いておくべきでした。コレが今回、このレースでの最大のミスと感じてます。が、経験が無いので想像すらしていませんでした。

IMGP0298.jpg

後半の南アルプスでは足の痛みに加えて悪天候と暗闇の中、メンタルが乱れてリタイヤしたいと心が折れかかっていましたが、ふと自分は何をしているんだと我に返ると「TJARに参加しているんだ!!」と気づき、持ち直すことが出来ました。これは携帯メールに飛んでくる皆の応援メッセージが強く強く後押しをしてくれたことは間違いないです。

その後、真綿で首が絞まるように徐々に厳しくなる行動計画との遅れを必死に計算し、関門時間にまだ間に合うと自分に言い聞かせながら足を進めました。

IMGP0342.jpg

そうして気持ちを繋ぎながら歩き続けながらも百間洞を過ぎたあたりでついに足の痛みで歩けなくなって座り込んでしまいました。ふと携帯電話を取り出すと偶然圏内で、嫁に電話をしてみると通じ、今の心境を聞いてもらいました。そして今のペースだと関門に間に合わないことも。電話で話したところで用意していた鎮痛剤を飲んで歩き出すと足の痛みでそれ以外では疲れが残っていなかったようで薬が効いた聖岳をこえる区間はかなりのハイペースで歩けました。

その後、茶臼小屋でも歓迎をうけて気持ちを強く持ち、関門時間を目指してスタート。まだ間に合うと。そしていつまでも続くかとおもえる登山道を抜けて畑薙大吊橋を超えて23時。ダムまでの道のりを眠気と傷みで倒れこんで寝てしまいたい衝動と戦いながら足を止めることなく歩きを重ねてゲートに明かりが見えました。

嫁がゴールで会う約束をしていた友人に連絡を入れて待っていてくれていたのです。
その時、ふと時計を見ると0時11分と関門時間を過ぎていました。
ここで私のTJAR2010は終わりました。

色々あるとは思いますが、今の私の実力は全部出し切れた結果だと思います。
あの時点で海まで歩く気力も体力も残念ながら残っておりませんでした。
もちろん今後、許されるようでしたら再びチャレンジをしたいと思います。

レースを通じて数え切れない応援メッセージを送ってくれた皆様、実行委員の皆さん、ブログ更新してくれたSueさん、そして準備から本番まで全面的なバックアップをしてくれた嫁の深青子に感謝をします。

本当に有難うございました。
posted by TJAR2010 at 09:35| Comment(0) | 間瀬ちがや  森本泰介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【志村郷】なんとか完走できました。

応援コメントを書いて下さった皆様。
コースで声援を送ってくれた方。
お山の上で出会ったった人々。
本当にどうもありがとうございました。

大会主催者やその関係者の方々。
予選で一緒にお山登りをして、本選では、これ以上はないというタイミングで現れ、素敵な笑顔を振りまいてくれたお仲間。特に三重ナンバー。
先に完走して疲れているだろうに、わざわざ応援に来て下さった選手。
また、リタイアして疲れてるだろうに声援を送りに来て下さった選手。
僕の近くで走っていて、いける!俺たちいけるよ!と励まし続けてくれた選手。そして、太平洋を目指して一緒にスタートした全ての選手。
本当にありがとうございました。
また会える日を楽しみにしています。

最後に、
夏休みなのに他にやることはねーのか!の弟家族とうちの母ちゃん。
太陽系で一番素敵なうちの奥さま。
応援やら送迎やら色々と本当にありがとう!


静岡駅辺りで、目があったにも関わらず、不審者として連行しなかった警察官にも感謝の意を込めて。

20100816155923.jpg


志村郷
posted by TJAR2010 at 09:28| Comment(5) | 船橋智  志村郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

【駒井研二】ミニ写真集

駒井選手のゴール前〜ゴール後の写真です。

IMG_7142.JPG IMG_7144.JPG

IMG_7163.JPG IMG_7180.JPG IMG_7177.JPG

IMG_7188.JPG IMG_7185.JPG

IMG_7194.JPG IMG_7201.JPG





TJAR実行委員会では、選手を撮った写真を募っています。
応援者や山中で選手と出会った方で写真の提供をしていただける方は、
下記まで送付していただけると助かります。
これらの写真は、大会報告会や今後の公式ホームページ制作において
使用させていただきたいと思っております。
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
E-mail: info@east-wind.jp
住所:〒379-1611群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢637,M-302
TEL&FAX:0278-72-9292
事務局担当:イーストウインド・プロダクション 竹内

posted by TJAR2010 at 15:48| Comment(0) | 石田賢生  駒井研二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【紺野裕一】ミニ写真集

紺野選手のゴール前〜ゴール後の写真です。

IMG_7034.JPG IMG_7057.JPG

IMG_7088.JPG IMG_7099.JPG IMG_7106.JPG

IMG_7115.JPG IMG_7122.JPG

IMG_7126.JPG IMG_7133.JPG




TJAR実行委員会では、選手を撮った写真を募っています。
応援者や山中で選手と出会った方で写真の提供をしていただける方は、
下記まで送付していただけると助かります。
これらの写真は、大会報告会や今後の公式ホームページ制作において
使用させていただきたいと思っております。
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
E-mail: info@east-wind.jp
住所:〒379-1611群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢637,M-302
TEL&FAX:0278-72-9292
事務局担当:イーストウインド・プロダクション 竹内
posted by TJAR2010 at 15:28| Comment(0) | 望月将悟  紺野裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【望月将悟】ミニ写真集 

望月選手のゴール前〜ゴール後の写真です。

IMG_6953.JPG IMG_6957.JPG IMG_6972.JPG

IMG_6984.JPG IMG_6994.JPG

IMG_7002.JPG IMG_7004.JPG

IMG_7019.JPG IMG_7032.JPG




TJAR実行委員会では、選手を撮った写真を募っています。
応援者や山中で選手と出会った方で写真の提供をしていただける方は、
下記まで送付していただけると助かります。
これらの写真は、大会報告会や今後の公式ホームページ制作において
使用させていただきたいと思っております。
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
E-mail: info@east-wind.jp
住所:〒379-1611群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢637,M-302
TEL&FAX:0278-72-9292
事務局担当:イーストウインド・プロダクション 竹内
posted by TJAR2010 at 15:15| Comment(0) | 望月将悟  紺野裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実行委員会】終了します

TJAR 2010 終了します。
かつて無い悪天候だったにもかかわらず、事故も無く、
無事大会を終了する事が出来ました。
多くの方々から声援、励ましをいただき、
ありがとうございました。
TJAR実行委員会
posted by TJAR2010 at 01:11| Comment(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

【横内忠之】8/15 23:21 ゴール

横内選手、7日間23時間21分でゴール。

皆さんの後押しで無事ゴールできました。
いまはただなんともいえない満足感と達成感に包まれて
幸せな気持ちです。とりあえずゆっくり休みたいです。
応援本当にありがとう。




これで、今回のTJARは終了となりました。
皆様、応援ありがとうございました。

posted by TJAR2010 at 23:46| Comment(15) | 横内忠之  木村正文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【志村郷、木村正文】8/15 22:49 ゴール

22時49分 志村、木村両選手仲良くゴールしました。

残る選手は、横内忠之選手のみとなりました。


posted by TJAR2010 at 23:11| Comment(11) | 横内忠之  木村正文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大西靖之】ありがとうございました

無事太平洋に手をつける事が出来ました。
今回の旅では、大会スタッフ、家族、同僚、
道中応援していただいた方々、何より一緒に
大会に参加した選手のみなさん本当に有難うございました。
僕一人では到底ここまで来ることが出来ませんでした。
ゴールに当たり一回り大きくなったというより、
ちっささを実感しました。
明日からは、足のむくみと格闘することでしょう。

ありがとうございました。
posted by TJAR2010 at 21:21| Comment(3) | 大西靖之  星野緑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/15 19:12 志村・木村 ともに太平洋に向かっている

下山をした宮崎選手が現在力走中の木村選手と志村選手を発見。
かなり足を痛めているようで、今は歩いている。

志村選手は薬局によって冷えピタを買って鼻血対策。

(現地報告:宮崎崇徳)
posted by TJAR2010 at 19:20| Comment(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【横内忠之】8/15 19:12 ゴールまで16km

下山をした宮崎選手が現在力走中の横内選手を応援。
ゴールまで後16km。調子がいいようで走っている。
がんばれ!
(現地報告:宮崎崇徳)
posted by TJAR2010 at 19:18| Comment(7) | 横内忠之  木村正文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大西靖之】8/15 18:41 ゴール

6日間18時間41分でゴール。
posted by TJAR2010 at 19:02| Comment(3) | 大西靖之  星野緑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。